車の運転が嫌いなんです(T0T)
車の運転嫌いな私が運転した日の感想を綴る! 一体、いつになったら何処まで遠出できるのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人珍道中。
昨日、車検が終了したとの連絡をもらい、台車で車屋さんへ向かいました。

途中で、ガソリンランプが点いてしまいました
意を決して、車屋さんに一番近いガソリンスタンドへ入ってみました。
なんと!この私、一人で有人のガソリンスタンドへ入ったのは初めてのことでした

昨日はガソリンが一斉値下げされたため、どこのスタンドも混んでいました。
前の車の給油が終わり、お兄さんの「前進してください」の合図に従い前進。

「代車なんで、よくわからないんですけど、千円分とかでも大丈夫ですか?

たぶん、この話っぷりで、スタンドのお兄さんは「この人、素人だな」と思ったことは間違いないでしょう。

まあ、何とか給油が終わり、さぁ!出発
エンジンをかけようとしたら、
ブイーン!!!!!
と爆音がっ。

なんと・・・エンジンを切り忘れておりました

そして、お兄さんの一言「信号、赤ですから気をつけてください

はぁ~・・・また、やっちゃったよーと思いながらも、車屋さんの近くまで走り、「えーっと、どこだっけ?」「あれかな?」「いや、あの次のはず・・・」
「あ゛!やっぱりコレだ!!」

ゆっくりめに走ってはいたものの、急ブレーキ&急ウインカー

はぁ~・・・またまた、やっちゃったよーと思いながらも、車屋さんに代車を返却、久しぶりのマイカーに乗り換え

「じゃあ、どうも、ありがとうございました!
爽やかに挨拶し、椅子を直して、さぁ!出発
したのは、良かったが、バックミラーが左に向いてて後ろが見えない・・・
前進しながら必死で直している間に、右折斜線に入りそびれ、仕方なく、馴染みのドラッグストアーまでドライブ
いやいや、ちょうど、買い物もしたかたのですよ~

駐車場に入り、ホッとしたのも束の間、サイドブレーキ、半分しか下がってなかった・・・

凄くないですか?
たった、数十分の走行で、こんなにもダメダメっぷりが発揮できるって!

でもでも、先日の従姉の来訪で、ちょっと、やる気は出てきました。
だって、せっかく訪ねてきてくれたんだから、カッコよく、あちこちに連れて行ってあげたいじゃないですか!
それに、そのとき従姉が言ってた言葉・・・「今はお互い、田舎暮らしをしてるけど、その選択が無謀。そのチャレンジ精神が、何故、車の運転に活かせないんだろうねー?お互い
妙~に納得。そして、何故か少~し気が楽になったのでした
反省。
今日、何十年ぶりかに従姉が私を訪ねてきてくれることになった。
私はウキウキしていた

まもなく、従姉が最寄り駅に着こうというころ、雨が降り始めた

私が住んでいるのは超~~~~~田舎。
最寄り駅といっても、歩いたら私の職場まで30分はかかる。
しかも、超~~~~~田舎だから、駅前にタクシーなんていないし、バスも来ない

これは、私が車で迎えに行くしかない!

決心して、駅に向かった
しかも・・・運悪くマイカーは車検中。
代車の乗り慣れない車で・・・

ほんの5分の道中。
たった一箇所しかない合流・・・しかも超~~~~~田舎なんだから、たしした交通量でもあるまいし。

でも、こんなときに限って、
私から見て左から右折の車が、
その後ろに一台車が、
私から見て右からも車が。

何十年ぶりかの従姉との再会。
さらに旦那さんは初対面。
代車の運転。
なのに、いつになく、車が入り乱れている!!!(←かなり大袈裟

パニック状態の私は、私から見て右からの車が途切れて、左の車が出ないなぁと思い、発進
そして、従姉夫妻の「車来てるよ!」の声で慌てて停止(道のど真ん中)。
そう、左の右折の車の後ろの車は直進していたのでした・・・

今、冷静に考えてみれば、私が合流しようとしていた道が本線(っていうのか?)なので、私は全ての車が去ってから道に出なければいけなかったのです

はぁ~・・・今、思い出すと恐ろしい
でも、そんな車に乗ってた従姉夫妻はもっと恐ろしかっただろうな
そして、周りの車の運転手さんたちも・・・

この場を借りて、お詫びします
ごめんなさーい

だから車の運転は嫌いなんです
そういえば!
今日、マイカーで買い物に出かけて、運転しながら、ふと思った。
「私が車を運転してるんだ・・・(しみじみ)」
そして家に帰ってから、お風呂につかりながら思い出した。
「ウチの家族って、誰も免許、持ってなかったっけ・・・」
そう。父も母も兄も、車の免許を持っていない。
弟が最初の免許取得者。
だもの、車なんて馴染みがなくて当然だ。

テレビをつけたら、交通違反の取締りのドキュメンタリーみたいのをやっていた。
やっぱり、安全運転でいこう!
そう誓ったのでした。
体脂肪も減る!
今日は久しぶりの遠距離運転・・・といっても他の人からしてみれば、さほど遠くもなく
でも、これが‘体脂肪も減る’ほどの手に汗握る、道のりになったわけで。
友達に頼まれて、車を取りに行くことになった。
‘車を取りに行く’ということは、行きは二人で一台の車に乗るけど、帰りは別々の車で各自、運転ということ。
しかも今日は雨 私の苦手な、雨の夜間運転となった。
友達に「急な下り坂はで走るんだよ」と耳にが出来るほど言われていた。
少し緊張しながらも、少し余裕な感じだったのだけど・・・その‘急な下り坂’に差し掛かったと思ったら!・・・スッゲー霧
「や~るなら今しかねぇ」と黒板五郎のように呟きながら、必死に前の友達の車を追った。
「や~るなら今しかねぇ
右の太腿に変な力が入っているのがわかる。明日は筋肉痛だ。いや、明日、筋肉痛になれば、まだいいか・・・などと考えているうちに、ようやく急な下り坂が終わった。
今日のは美味かった
たまーに、やってしまうこと。
たまーに、やってしまう失敗。
それは・・・サイドブレーキを引いたまま走ってしまうこと。
短距離だからいいものの、気づけよ!って感じです
走ってるときに違和感は感じるものの、そこに気づけない・・・今度からは、すぐ気づくぞ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。